※破産宣告のための費用はいくら必要ですか?【教えて!破産宣告】

※破産宣告のための費用はいくら必要ですか?【教えて!破産宣告】

※破産宣告のための費用はいくら必要ですか?【教えて!破産宣告】

借金が増えても、最終的に自己破産を選べば、借金の返済義務がなくなると簡単に考えてしまう人は少なくありません。
ただ、実際に破産宣告をしたいと考えた場合、手続きの為の費用がかかります。
弁護士に手続きを依頼した際の費用の平均は、家等、処分する事が出来る財産がない場合で30万円から50万円、処分する財産があれば、その財産に応じた金額が必要になってきます。
処分する財産が少額の場合、平均とされる費用とは別に最低で20万円、財産が高額になる場合、50万円以上必要となってきます。
ですから、財産がある場合の平均は50万円から100万円近く考えておく事が必要になってきます。
破産宣告を行った後、手元に残るのは、現金と預金を合わせて最大で119万円です。
これは、残す現金や預金があった場合の話で、なければそれ以下の金額となります。
そこから、破産宣告に必要な費用を支払えば、手元には殆ど残らない状態になるという事も珍しくありません。
そして、そこから生活を立て直していく事になります。
自己破産を行えば、借金の返済義務自体はなくなる事になります。
ですが、自己破産を弁護士に依頼をした場合、手続きの為に30万円以上の費用が必要となってきます。
ただ、財産がない場合など、個人で手続きを行えば2万円程度の出費で抑える事も可能です。
自己破産をすれば、借金の返済の義務はなくなる事になります。
ですが、手続きの為には費用も必要になってくる事を覚えておく事が大切です。